定番コースとは逆のルートで名所を巡る

Macao

  • 人込みを避けてマカオの2大名所を楽しむ
  • 地元で人気のワインバーでポルトワインを味わう




混雑した道を抜けて、街の中心にある『セナド広場(Largo do Senado)』にたどり着き、そこから『聖ポール天主堂跡(Ruins of St. Paul’s Church)』(通称ファサード)を見て回る、これが定番の観光ルートです。人混みを避け、違ったルートを辿ってみませんか。まず、タクシーの運転手に「Pai Fong hau men (ファサードの裏口) 」に向かってほしいと伝えましょう。タクシーを降りたら、17世紀に建てられたイエズス会の教会跡の写真を思う存分撮りましょう。その程近くには、こぢんまりとした素敵なワインバー、『マカオソウル(MacauSoul)』があります。あまり目立たない外観なので、知らないと通り過ぎてしまうかもしれません。店内は地元客でにぎわっており、ここで飲めるワインとマデイラ酒は400種類にものぼります。地元客と楽しい時を過ごした後は、曲がりくねった坂道を下ってユネスコ世界遺産のセナド広場に行きましょう。ここはいつも観光客でにぎわっています。














20分ほどタクシーに乗ると『聖ポール天主堂跡』に到着します。そこから2分ほど歩くと『マカオソウル』、さらにそこから5分ほど歩くと『セナド広場』です。

​​ST. PAUL’S CHURCH所在地:Rua de São Paulo、電話なし、天主教藝術博物館および地下納骨堂(Museum of Sacred Art and Crypt) は毎日午前9時から午後 6時まで開館しています(火曜日のみ午後2時に閉館)。午後5:30以降は入場無料です。 en.macautourism.gov.mo

​​
MACAUSOUL 所在地:31 Rua de São Paulo、電話: +853-2836-5182; www.macausoul.com

​​
SENATE SQUARE 所在地:Largo do Senado、電話:無し en.macautourism.gov.mo





定番コースとは逆のルートで名所を巡る

定番コースとは逆のルートで名所を巡る

Macao

  • 人込みを避けてマカオの2大名所を楽しむ
  • 地元で人気のワインバーでポルトワインを味わう




混雑した道を抜けて、街の中心にある『セナド広場(Largo do Senado)』にたどり着き、そこから『聖ポール天主堂跡(Ruins of St. Paul’s Church)』(通称ファサード)を見て回る、これが定番の観光ルートです。人混みを避け、違ったルートを辿ってみませんか。まず、タクシーの運転手に「Pai Fong hau men (ファサードの裏口) 」に向かってほしいと伝えましょう。タクシーを降りたら、17世紀に建てられたイエズス会の教会跡の写真を思う存分撮りましょう。その程近くには、こぢんまりとした素敵なワインバー、『マカオソウル(MacauSoul)』があります。あまり目立たない外観なので、知らないと通り過ぎてしまうかもしれません。店内は地元客でにぎわっており、ここで飲めるワインとマデイラ酒は400種類にものぼります。地元客と楽しい時を過ごした後は、曲がりくねった坂道を下ってユネスコ世界遺産のセナド広場に行きましょう。ここはいつも観光客でにぎわっています。














20分ほどタクシーに乗ると『聖ポール天主堂跡』に到着します。そこから2分ほど歩くと『マカオソウル』、さらにそこから5分ほど歩くと『セナド広場』です。

​​ST. PAUL’S CHURCH所在地:Rua de São Paulo、電話なし、天主教藝術博物館および地下納骨堂(Museum of Sacred Art and Crypt) は毎日午前9時から午後 6時まで開館しています(火曜日のみ午後2時に閉館)。午後5:30以降は入場無料です。 en.macautourism.gov.mo

​​
MACAUSOUL 所在地:31 Rua de São Paulo、電話: +853-2836-5182; www.macausoul.com

​​
SENATE SQUARE 所在地:Largo do Senado、電話:無し en.macautourism.gov.mo